【猫】愛猫の裏の顔-どっちがホントの顔なのか

1 猫
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

誰しも表と裏がある

人間にも大抵、表と裏があります。必ずしも裏が悪いというわけではありません。ものすごく強面の柄の悪そうな人でも、猫を抱っこしてニヤけていたりすると、猫好きからするとこの人は悪い人ではないと思いそうです。逆に、ものすごく人当たりの良い爽やかな人でも、そのうちに陰湿でネチネチしたことを言うようになったりします。この場合は、爽やかなのがむしろ裏の顔で、本質的にはネチネチした人なんだろうと思います。こういう人に関わると不幸になりますな…

しかし、猫にも表と裏の顔があるということは猫飼いさんの皆さんもよくご存知なのではないでしょうか。

ウチの三兄妹も地味に裏表がありました。

長男猫は「ジャイアン」

人間に対しては、決して攻撃することもなく、爪で引っ掻いたり噛んだりすることもない穏やかな性格の長男猫。私だけじゃなく、お客さんにも「でへへー」と笑顔で近づき、甘えてみせて可愛がられるという社交術は天性のもの。

お客さんにねだってオヤツをもらう長男猫

しかしながら、優しいのは人間に対してだけで、弟妹に対してはかなり理不尽な振る舞いをしていました!まさにジャイアニズム…

彼のジャイアニズムでは、自分のお気に入りの寝床を誰かが先に使っているのは気に入らない。そこに、先に誰かが寝ているのがとにかく気に入らないらしく、噛み付いて追い出すのが常。ただ、自分が寝ているところに後から弟妹がやってくるのはOK。心が狭いような寛大なようなよく分からない価値観です。

食い意地も結構凄かった。若い頃は、自分のゴハンを食べ終えると弟妹のお皿に顔を突っ込んで奪うのが日常茶飯事。オヤツになると、とにかく前面に出てきてクレクレ攻撃。比較的、食べ物には淡白だった弟妹に比べて、長男猫は腹を満たすためなら弟妹を虐げることもしばしば。基本的には良好な兄妹関係でしたが、寝床と食べ物に関しては我が強かったなあ。

おれにさからうとはなまいきだぞ!

長女猫は気が強くてケンカっぱやい

我が家のである長女猫は、若い頃から静かに佇んでいることが多い猫でした。やっぱりオスは縄張り意識が強いからか活動量は多かったのですが、紅一点の長女猫はキャットタワーの高いところなどの見晴らしの良いところで、兄猫たちや下僕を睥睨している時間が長かったです。

しかし、大人しいかと言えば決してそういうこともなく、瞬間湯沸かし器のようにすぐに怒って、即、手が出るという凶暴な一面もありました。

例えば、寝床を巡って長男猫にちょっかいを出された時、即座に手が出るのが長女猫。兄妹で一番「シャーっ!」という頻度が一番高かったと思います。シャーっと言いながら猫パンチで、長男猫の頭をぶん殴っている光景をよく見ました。長女猫の猫パンチは超高速かつ高回転で、家のどこかでパシパシパシっという乾いた音が聞こえると思ったら、大抵は長女猫が長男猫をぶん殴っているところでした。

ただ、長男猫はスピードでは劣りますが力は強いので、取っ組み合いになると長女猫に勝ち目はありません。ケンカに負けると、長女猫は猫なで声の可愛い声で鳴きながら「兄ちゃんがアタシをいじめるー」と告げ口にやってくるのでした。キミが先に手を出したのは知ってるぞ…

この顔で告げ口に来られるとなぁ…

そして、気に入らないことがあると棚からわざとモノを落とすという嫌がらせも…叱られた後はなかなか機嫌を直さない猫でもありました…。

次男猫は売られたケンカは買う武闘派

クールでスマートな次男猫。ツンデレ度も高く、澄ましている時と甘える時のギャップが大きいという可愛さを持ち合わせていますが、その実態はパワーの長男猫、スピードの長女猫の長所を兼ね備えた高性能な狩猟猫タイプ。長女猫と同じく、瞬間湯沸かし器のように怒ったらすぐに戦闘態勢に入る次男猫。しかも容赦なく爪が全開なので殺傷能力は兄妹でピカイチ。

てくてくと歩いている時に長男猫にちょっとちょっかいをかけられると、即座に臨戦態勢に入り、取っ組み合いになるオトコたち。テレビで格闘技を見るよりもド迫力でした。どったんばったんやりあったあと、長男の後ろを噛み付いて、長男が「ギブ!ギブ!」と逃げることもよくありました。割と仁義なき戦いでした。

ただ、猫同士の喧嘩は、すぐに終わって、数分もしたら猫団子になっていることも多々ありました。人間のソレと違って、陰湿さとかとは欠片もなかったです。

次男猫は、ヤブ医者ハンターとしても有能で、不慣れな獣医が採血しようもんならえげつない攻撃をすることもあり、診察室からガチャーンと音がして、血だらけになった先生が出てくることもありました…

二面性やギャップがあってこそ楽しい

人間もそうですが、怖そうに見えて実は楽しい人だったり、無愛想なのに笑うと妙に人懐こいとかいうギャップはやっぱり楽しいですよね。

猫ちゃんも可愛いだけじゃなく、ちょっと自分勝手だったり、腹黒いところがあったりすると、妙に親近感が湧いたりします。

ただ、人間は割と本質的なところが見え隠れします。人間が本質的に自分勝手だったり腹黒かったりするとホントにイヤなヤツなんですが、猫に対してはそうは思わないのが猫のズルいところです。猫バカの弱みでしょうかね。

皆さんとこの猫ちゃんはどうですか?

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました