【猫】若猫はよく食べますー口腔スティックお試し

1 猫
この記事は約18分で読めます。
スポンサーリンク

姫ちゃん、よく食べます

我が家では、私が留守がちというのもあるため、姫ちゃんの主食はドライフードです。姫ちゃんには、ピュリナワンを与えています。

保護主さん宅でもピュリナワンやロイヤルカナンを与えていたと聞いていますし、合成着色料や保存料が無添加であり、また主原料がお肉というのも良いです。次男猫には、慢性腎臓病のため、低タンパク質であることが必須でしたが、姫ちゃんの場合はまだ若く、高タンパク質でも問題ありません。

ピュリナワン2.2キロ袋の良いところは、550g×4袋の小分け包装というところです。2.2キロだと、ざっと姫ちゃんの一ヶ月分のドライとなりますが、毎週開けたてになるということなので、酸化防止の観点からもありがたいものです。

姫ちゃんの体重がざっと4キロなので、1日あたり50〜70gが給餌量の目安となりますが、姫ちゃんはさほど活動量も多くないため、50gをベースにして与えていますが、…ほとんど寝てるのにどうしてそんなに食べるのかというくらいに食欲旺盛です。

朝晩はちゅ~る汁

慢性腎臓病の猫と違って、姫ちゃんはあまり水を飲まない猫です。水場を増やそうが、ペットファウンテンを置こうが、たまにしか水を飲んでいる姿をみかけません。現時点では腎臓病ではないとはいえ、もう少し水を飲んで欲しいところですし、先日の血液検査でもやや脱水の傾向がみられました。

我が家では朝と夕に、姫ちゃんには「ちゅ~る汁」を振る舞います。ちゅ~る1本をお皿に出して、シリンジで30mlを足すのですが、結構豪快にお召し上がりになります。

30ml追加後。ちゅ~る粥みたいな感じです。

1回あたりのちゅ~る汁で、ちゅ~るに含まれている水分を含めてざっと40cc分ほど摂れている計算となり、朝夕の2回で80ccです。次男猫には高カロリーな総合栄養食ちゅ~るを選んで買っていましたが、最近はむしろ低カロリーなオヤツちゅ~るです。毛玉配慮と乳酸菌が多いかな。おかげでお通じも快調です。

この朝夕のちゅ~る汁の儀を終えたらトイレに行って用を足すという段取りになっているようですので、欠かすことが出来なくなりつつあります。ただ、これである程度はお腹も膨れているはずなのですが…

足らん!

ざっと40cc分の水分を摂ったあとでも、2歳足らずの食べざかりの猫ちゃんにとっては、もっと食べたいということで、お皿の前で無言の圧力をかけてきます。現時点では獣医師先生からダイエットするようにとも言われていませんが、肥満は避けたいところでもあります。

オーラルケアも兼ねて、猫用の口腔スティックを試してみました。

なんとなく、ワンコ用のガムをイメージしていましたが、スティックというだけあって、開けた感じはソフトなスナックっぽい感じ。これに歯を食い込ませて、歯垢を取るのが目的のようで、もぐもぐ噛み噛みしてくれれば…というヤツ。

与えてみると、確かに奥歯で噛み噛みしてくれて、いい感じ…と思ってたら、

「ごっくん」

あれ?

早々に噛みちぎって、お腹に収めてしまいました。もう一度、改めて与えてみると、噛み噛みしてからごっくんまでが早いのです。しかも、どうやら美味しいらしく、「もっと寄越せ」と。

眼がイッちゃってます…

硬めと分かってるので、指まで齧りそうな勢いで大口を開けて攻めてきます。

事実、ちょっと噛まれました…

オーラルケア製品…というより、オヤツとしては優秀なような。無難にグリニーズの方が安心かな…ただ、グリニーズも結構カロリー高いんですよねー。

歯磨き(ペースト+ブラッシング)もちょっと試してみましたが、あまりお好きではないようです。

満腹感と水分の両立

姫ちゃんの食欲と、あまり水を飲まないライフスタイルを考えると、ドライだけでなくウェットフードも併せて与えるのがいいんだろうなと思ったりもします。

ウェットフードは水分が多く、満腹感がしっかり得られる割にはカロリーが少ないため、一日あたりの摂取カロリーが少なく済むと言われています。正直、まだ私自身は姫ちゃんの食欲の底を見ていません。ゴハンを残したことが無いので…お皿に多少カリカリが残っていたとしても、しばらくしてからお皿を見ると残ってたことがありません。つまり、今んとこは「出されたものは全て食べている」ので、ウェットを食べてお腹が落ち着いてくれるのであればいいな。

カツオの刺し身はぺろりと食べました!

水をしっかり飲まないのであれば、食事で水分をとらせねばなりません。ドライだと10%程度のところ、ウェットだと80%以上が水分ですから…ウェットもこれからトライを始めます。

食べる姿に元気がでる

しかし、愛猫が何かを食べている姿というのは、飼い主を幸せな気分にしてくれます

特に先代の次男猫が腎臓病末期になってとにかくカロリーを摂らせるのに苦心した経験があるだけに、用意をしたら食べてくれるというのは本当にありがたいことですし、「うまうま」言いながら食べてくれる姿は本当に嬉しいものです。

なので、クレクレ言われるとついつい与えてしまうのです。最近、どうも首まわりが胴体と一体化してきている感があります…

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました