【日記】猫介護士をクビになったので出稼ぎに行ってきます

3 日記
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

高齢猫介護士の仕事がない

コロナ第一波の緊急事態宣言の頃から、専業でずっぽりと高齢猫介護士をやっておりました。

世の中、在宅勤務が当たり前になり、昼間にウロウロしていても世間様の眼がさほど冷たくなかったことにも助けられました。最初の頃こそ、「通勤電車に乗らなくてもいいなんて最高」などと思って、アマゾンプライムで海外ドラマなどを観てたりもしましたが…度重なる緊急事態宣言が出て、雇用の受け皿ともなる飲食業やサービス業が壊滅的な打撃を受けるのを見てハラハラしつつも、次男猫の看病介護という何よりの大義がある以上、なかなか家を開ける度胸も無く…

ただまあ、朝から晩まで愛猫の世話に明け暮れるという、ある意味、凄く幸せな時間を過ごすことが出来ました。「勤め人+三兄妹の多頭飼い」時代に比べて、「次男猫専属の専任介護士」というのは、圧倒的に猫ファーストな生活で、猫飼いとして最高に濃密な時間を過ごせました。ただ、社会人としては駄目ですね、単なる引きこもりと同じです。

弊介護所が閉鎖!介護士はクビ!

しかし、いつかはやってくる終わりのとき。次男猫が闘病を終えて旅立ちました。

弊介護所も介護する対象が居なくなってしまい、高齢猫専任介護士である私も解任…つまりクビになりました。

家に居ても仕事がないんですわ…闘病時代に末期の生活、看取り旅立ち後片付け、これまでに気付いたこと、などを徒然と書き綴りつつ残務処理の日々を過ごしていましたが…これでは食っていくことが出来ません!

なにより、私が食っていけない以上、次なる猫様を迎えることも出来ません

No cat, No Life

猫が居ない生活なんて…ではありますが、先立つものがなければ猫様を扶養することも出来ません。先立つもの…つまりお金です。

Twitterとかを見てると、「始めて●ヶ月で●百万円達成!」などと書いてる人をちょいちょい見かけますが、まあ殆どは嘘だと思います。弊ブログも半年こつこつ書き溜めて、やっとGoogle検索で引っかかることが出てきたくらいです。ブログやSNSでそんなにすぐには稼げません。可能性があるとすると「転売」とか「情報商材」とかかもしれませんが、そういうので買い手が喜んだという話はあまり聞きません(アコギだとか騙されたとかいう話はよく聞く)し、個人的にはアヤシイことで稼ぐのは性に合いません。

次なる生活の確立へ

愛猫介護というやりたいことを優先した結果として、これまでの社会人生活に戻るのは難しいところではあります。自分のこれまでのスキルや経験を活かせるところとなると、仕事探しは難しいです。経理、人事、営業はそれなりの求人はありますが、事業・事務企画系となるとなかなか…

そもそも、次男猫以外とはほとんど喋らない生活を送ってきたので、以前のようにキチンと働けるかが一番不安です。もう1年以上、朝から晩まで働いてないので(パソコンの前で朝から晩までうんうん唸ってたことはある)…。ただ、半年以上、ほぼ毎日ブログは決まった量を書き続けてきたので、物を書くスキルは多少上がったかもしれません(自分で言うのもナンですが、昔の記事は読みにくい!)。ゼロから書き上げてきたので頭の体操にはなっていると信じたいところ…

というわけで、本日より期間の定めがある形態ですが、勤め人に戻りますので、弊ブログの更新頻度は下がると思います。新しい職場、新しい仕事なので、慣れるまでしばらくは余裕が無いでしょう…ブログを書けたとしても、猫ネタは減って仕事ネタや世の中ネタが増えるかもしれません。無理のない範囲でお付き合いいただければと思います。

運命の猫さま、今はどこにいるのかな?もうちょっと待ってて。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました