【猫】ネコグッズ オブ・ザ・イヤー

1 猫
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

この本こそマストバイ

Twitterでフォロワーさんが呟いていたこの本。

目をひいたのが、ココ。

「広告・忖度 一切ナシ!」

こういうの、好きなんです、私

雑誌であれば、そりゃ広告があった方が助かるでしょうが、広告があると書きたいことが書けなくなるという面もあるでしょう。広告を出すことで都合の悪い記事を差し止めるというのは、ドラマでもちょいちょい見かけますし。正直、報道機関である新聞も広告ありきですからねえ…

雑誌LDKとは…

LDKとは…暮らしにまつわるあらゆるモノを、包み隠さず消費者目線で情報発信する本格的なテストをする雑誌です。暮らしに役立つ情報もモノも溢れている今、広告にもネットの口コミサイトにも左右されない公正中立な商品テストを行い、毎号、各ジャンルの専門家やプロが商品やサービスの善し悪しを判定します。LDKは、その信憑性の高い情報を月刊の雑誌として読者にお届けします!

LDKの魅力は何といっても、LDK編集部がいま話題の人気商品やグッズを実際に試してみて、良い点悪い点など紹介する特集です!一定の評価基準を決めて、公平にテストします。そして、「いい」も「悪い」もズバリ書く!雑誌スタイルなので、メーカーの広告も載せてません。載せらないんです!だからこそ、本当にいいものを読者にお届けできるのです。
LDKの雑誌を1年通して読むことで、収納、掃除、日用雑貨、食品、コスメなど暮らしの中で使っている、身近な商品の「いい」「悪い」が全部わかります!

FujisanのLDKページより

昔は雑誌の「暮しの手帖」が徹底的なテストと辛口コメントで商品テストをするコーナーがありましたが、同社でさえ、コストと手間という観点で商品テストを止めています。それだけ、手間がかかると思うのですが、この号では、18部門59ジャンル278アイテムを徹底的に検証するとか。凄いな。

ただ、ここでは、この本へのリスペクトとして、何が褒められたとか商品別の言及は避けます。記事の詳細はお買い求めのうえ、ご確認ください。

目次に圧倒!

目次を見るだけで、圧倒されます。こんなにテストしたのか…
キャットフード部門も、いくつかのジャンルに分かれています。総合栄養食のカリカリは24製品、総合栄養食のウェットは12製品、一般食のウェットも12品をどの製品がどれだけ食べられたか、という非常に分かりやすい指標で比較しています。さすがに療法食はありませんでしたが、カリカリだったら、ふりかけやトッピングに、ウェットも食欲が無いときなどの参考になるのではないかと。
面白かったのは、「ちゅ~る」が1ジャンル扱いで9製品を比較していたところ。
しかも、1位と9位の製品では食べた量で4倍近くの差がありました。もちろん、1位の製品は買い求めましたとも!

忖度が無いから書ける

広告という忖度が無いからこそ、辛口のコメントも書けます。爆笑するようなコメントがたくさんありました。メーカーさんからすると泣いちゃうでしょうけどね。
ニトリには珍しく”お値段”以下」とか、「『ベッド』を謳っているが眠る猫はいなかった」とか、「15匹近くで検証したのに1匹も寝なかった」とか。
こういう品の好みは、猫さんによっても違いますし、時間が経てば急に使ってくれるようになる可能性もありますので、このテストが全てではありませんが、「買ったのに使ってくれずにガッカリするリスク」を考えれば、個人的には避けたいところです。
なかには「安全性に疑問」というものもありましたし、内容を読んで見ると、こうしたものは避けた方がいいなあとも…勉強になりました。

AmazonのPBも…


Amazonのプライベートブランドもがっつり評価されてました。べた褒めされているものもあれば、なかには「とにかく扱いづらくストレスが溜まる」とか「イヌにはいいと思いますが…」と評価されて、「こちらのほうがオススメ」と別商品を紹介されているものもありました。致命的だな…
100均のダイソーやキャンドゥのマストバイなアイテムの紹介もあったりして、次に買い物に行くときに探しにいかなきゃ。

全体的にリッチな情報内容

製品テスト以外にも、読み物がかなりのボリュームであります。猫用品をどこの通販サイトで買うのがお得かとか、ペット保険の簡単な比較表とか、パッと見て分かりやすい記事が多くて好感が持てました。
最近、定期購読を始めた雑誌「ねこのきもち」は、写真もキレイで記事も多いのですが、とにかく広告が多くて、記事なのか広告なのかも分かりにくいほど。
個人的は、こうした広告無しで辛口コメントが多い「攻めた」雑誌は好きです。読み物としても十分に楽しめます。この内容でこの1000円を切る価格はかなりのお買い得で、個人的にはマストバイな本だと思います。ただ、あれ欲しいこれ欲しいというスイッチは入っちゃうかもしれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました