【猫】保護猫とのふれあいスペースに行ってきた

1 猫
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

猫の禁断症状

我が家から猫さんが居なくなって10日を超え…お通夜にお葬式、断捨離とあれこれやってきましたが、さすがに猫成分が切れてきました。ジャンキーならぬニャンキーとしては禁断症状になりつつあります。

TwitterやWebで猫成分をチャージしつつも、やはりリアルな猫との接触が無いのは猫バカにとってキビシイ…ということで、以前に一度お邪魔したことがある保護猫ボランティア団体が運営されている保護猫さんとのふれあいサロンに行ってきました。

買ったものの食べられなくなったフードやオヤツ、使いきれなかったペットシーツがあったので、使ってもらおうと持参。食べてもらったり、使ってもらったりするのが何よりの供養

サロンに到着して、事情を話すと、歓迎してお受け取りくださいました。やはりペットシーツはいくらでも必要になるとのこと。「大事に使わせてもらう」とおっしゃってくださいましたが、エコノミータイプのはガンガン使ってください。フードに関してはシニア食が多いので申し訳なかったのですが、シニア猫ちゃんも居るとのことで食べてくれるそうです。良かった良かった。

ここで、ちょっとお願いしてみました。

「ここしばらく、ガツガツと食べてくれる猫を見ていないので、何か食べるところを見せてほしい」とお願いしたところ、「みんなオヤツは大好きなので、どんどんあげてください」とのこと。ヤッタ!

以前に行った時は、スペースいっぱいに猫が居た気がするのですが、心優しい里親さんに貰われていった猫ちゃんが多いらしく、前回に比べて半分くらいに減っていました。それでも、いろんな猫ちゃんが居ました。さっそく持参したクリスピーキッスを何袋か持って突撃です。

接待してくれた猫ちゃんたち

忠太郎くん

警戒心が強い…と聞いていましたが、手からオヤツを食べてくれたとってもイイ子。「もうちょっといただけないですか…?」と首を傾げて無言でねだられました。嬉しい!はいはい、喜んで!結構たくさん食べてもらっちゃいました。

百合子ちゃん

まだお若いのかな?隠れていたスペースに手を入れると「しゃーーーっ」と静かに威嚇…ただ猫パンチは出ませんでした。忠太郎くんがオヤツを食べてるのが気になっていた様子。クリスピーキッスを床に置くと嬉しそうに食べてました。ただ、お代わりを置こうとすると「しゃーーっ」。この子が懐いてくれると嬉しいだろうな…。

クーちゃん

10歳くらいの三毛ちゃん。三毛ちゃんだから気難しいかと思いきや、とっても人懐こい、凄くいい子。「うみゃい!」と言いながらクリスピーキッスを食べてくれました(歓喜)。しかも1回だけでなく何度も「うみゃいうみゃい」と言ってくれました(大歓喜)。身体を撫でても、顔をわしゃわしゃしても嫌がることなく、嬉しそうにしてくれました(昇天)。

あー、おやつはうみゃい!

旨い旨いと言ってくれたせいで、ついついたくさん食べてもらっちゃいました。ああ、オヤツを食べてくれるのってやっぱり嬉しいですねえ。

チビ1&2

新人さんかな?兄弟なのか、同じケージに居ました。黒猫ちゃんはじっと大人しく寝ていました。もうちょっと近くで遊びたかったのですが、ちょっとナーバスになっている感じもしたので、この日は見送り。

もう一人のキジ猫ちゃんはとにかく元気。じっとすることなく、あっち行ったりこっち行ったり…ここ何年も動きのゆるい老猫と暮らしてきたせいか、眼が追いつかないし、撮影も追いつきません!

ゴハン、食べちゃった!(ペロン)

ああ、もうただただ見てるだけで眼福。しかし、ホントにじっとしないな、子猫。でもどこかで電池が切れちゃうんですよね…そんな光景を見たら萌え苦しむので、そろそろお暇します。

他にも、もずくちゃん、クロくんにも遊んでもらいましたし、新ちゃんもたっぷり撫でさせてくれました。満足!

自由に暮らしてました

以前はもっとたくさんの猫ちゃんがケージに居たような印象だったのですが、今回は、いくつもの室内を好きなようにのっそりと歩きまわっては、スタッフさんに甘えてたりする姿をよく見ました。かつては地域猫だった猫ちゃんが多いようですが、リラックスして暮らしているように見えました。

外猫さん、地域猫さんとは言いますが、雨風に悩まされることなく、ゴハンもお水もしっかり摂れる安全な環境が良いに決まってます。ボランティアのみなさんのおかげですね。ありがとうございます。

近所の方が、短い時間でちょいちょいと立ち寄られてて、猫カフェ…というよりも、もっとのんびりほっこりした雰囲気の、ちょっと不思議な空間でした。コロナ禍で変則的なオープン時間となっていますが、ご興味のある方は足を運んでみてください。

江東ねこの会 猫の談話室

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました