【猫】猫にはやっぱり性格がある−姫ちゃんはスネるコ

1 猫
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

兄妹でも性格は違った

かつて我が家に居た三兄妹。

生後2週間ほどで我が家に来て、別け隔てなく同じように育てました。しかし、見た目や顔のパーツは似ていた兄妹でも、男2人は筋肉質で身体も大きく力が強い、女1人は身体が小さくて身体が柔らかい、という肉体的な特徴はありましたが、性格は三兄妹で見事にバラバラでした。兄妹とは言え、個体差は大きいものがあるようです。

ちなみに、同じ物を食べ同じトイレを使っててもウンコも兄妹でひと目で分かる違いがありました!

兄妹それぞれの特徴

天然でネアカな長男猫

長男猫はとにかく社交的な猫。でっかい甲高い声でよく鳴き、よく人にじゃれ、兄妹で何かをするにも、とにかく一番にやる物怖じしないオトコ。弟妹は長男を見て、真似して色んなことが出来るようになっていきました。集団での「オピニオン・リーダー」という立場です。今風で言えば、「インフルエンサー」でしょうか。彼が食べたら弟妹も食べる、彼が行くところに弟妹も行く、という感じです。

弟妹には不条理な要求を突きつけて衝突を起こすこともありましたが、人間に対してはとにかく平和主義で、噛んだり引っ掻いたりしたことのない「出来た」猫でもありました。

私が出かける時は「行かないでー」と鳴き、帰宅したら「お帰りー」と出迎えてくれる飼い主冥利に尽きる猫でもありました。

賢く器用な次男猫

リーダー的な長男猫でしたが、そんなに賢くなかった一方、なぜか次男猫は要領が良くて賢かった…!イタズラをやっては怒られるのは長男猫で、次男猫はその長男猫を見て同じ轍を踏まないという賢さを持っていました。兄妹の表に立って何かを要求するということはあまりない、長男猫の後ろにいつも控えている参謀タイプです。

しかし手先は器用で、引き戸や引き出しは片っ端から開けるという「鍵師」でもありました。台所やら洗面所の収納はどんなに重くても渾身の力で開けるというチャレンジャー。台所への入り口の引き戸も開けにかかって、鍵がかかっていると分かるや、速やかにそこを離れるという危機管理意識の高さも兄妹でナンバーワンでした。

とにかくマイペースな長女猫

長男猫に似た毛柄の長女猫ですが、性格は全然違っていて、兄たちが何かをやっていると一緒になんかはやるのですが、自分から何かをするということはあまりありませんでした。とにかく寝るのが大好き。食べることにも淡白でしたし、長男猫とは真逆のキャラクターだったかも。

長男猫のように「構って構って」というのではなく、じとーっと湿った視線で要求してくるタイプでしたし、構って欲しいときはこちらが構うまで諦めずにトライしてきました。そのくせ、膝上で寝ていても、気が済むとさっさと離れていってしまうというよく分からないところもありました。兄妹で一番「気難しい」タイプだったかもしれません。

兄妹以外の初めての猫、姫ちゃん

三兄妹を看取った後、初めて三兄妹とは違う猫ちゃんを迎え入れました。

姫ちゃんも我が家にやってきて三週間が経ち、借りてきた猫の皮も剥がれてきました

マズルに白いところはあるものの、お腹や手足に白いところのないほとんど総柄茶トラの姫ちゃん。毛柄は長男猫にそっくりです。鳴き声も高くてキレイな声というところも。そして大抵、ご機嫌なことを言っているようです。こうしたところは長男猫に似ています

食べるのも大好きです。基本はカリカリですが、朝晩の規定量はぺろりと食べます。慢性腎臓病で食べさせることに苦労した期間が長い私としては、猫ってこんなにゴハンを食べるのかと思うほどです。こういうところも長男猫によく似ています。

しかし、長男猫のようにクレクレ言わず、お皿の前でじっと待っている長女猫に似たタイプです。お皿の前で寝そべったり、それでもオヤツが出てこないと、やおら立ちあがり、私に背中を見せながら圧力をかけてきます。このあたりは食に淡白ながらも要求には応えてもらえるまで諦めなかった長女猫に似てます。なんでも食べた長男猫に対して、好きじゃないものは食べないところも長女猫系です。

なによりマイペースなところも長女猫似です。留守番の時間もほとんど寝ているようで、私が帰宅してもお迎えに来ないところも長女猫っぽい。猫じゃらしにもあまり反応しないところも…。

ニャルソックをするところは次男猫系です。普段は出入りできないところ、押入れや棚の奥にずんずん入っていくところは次男猫にそっくりです。開いていると、足音を殺して侵入して警戒活動をしています。キッチンのシンクや洗面台、洗濯機などには飛び乗ってどや顔しながら飛び乗ります。1メートル以上あるベランダの手すりにノーアクションでひょいっと飛び乗った時はびっくりしました…そこから落ちたら命は無いよ!慌てて抱っこして降りてもらいましたが次男猫もよくベランダ手すりに飛び乗ってたなあ…。

姫ちゃんはやっぱりウチのコだ

明るい性格で人懐こい長男猫、賢くて色んなところを探検したがる次男猫、マイペースだけど意思の強い長女猫…三兄妹の色々なところを併せ持っている姫ちゃん。我が家に来るべくして来た猫ちゃんだと思います。

このツチノコ形態は長男猫っぽいですけどね…(既視感)。

しかし、三兄妹に無くて姫ちゃんに色濃くあるのは「スネる」ところ。

最近、長女猫のような「気難しさ」が徐々に出てきて、それはそれで可愛いのですが、この「スネる」というのは三兄妹になかった特性です。

叱るとスネる、出勤の支度をしているとスネる、オヤツが出てこないとスネる…ニャーニャー言わないけど、要求が叶うまではスネる…こちらに顔を合わせずにブスーっとした顔でスネるのです。

スネる猫ちゃんというのは知っていましたが、こういうことだったのかと今更ながらに。今後、どんな猫ちゃんに育っていくのか、楽しみです!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました