【猫】初めての通院−オヤジ殺しは病院でも

1 猫
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

かかりつけ動物病院に初通院

姫ちゃん、元気に機嫌よく暮らしています。日に日に落ち着いてきて、お気に入りの場所でまったりする時間も長くなってきました。いつものカリカリに加えて、朝晩とちゅ~るをお皿に出して20ccの水を足して水分も摂ってもらってますが、それとは別に水を飲む機会も増えてきています。ただ、いつものカリカリは少し食いつきが悪くなってきたような…それも「食べられる時に食べなきゃ」から、「いつでも食べられる」モードになってきたのか、それともちゅ~るが食べたいのか…。それでもまあ、色々安定してきています。

その一方、左目の上の皮膚炎が少し悪化してきて…普段はエリカラをつけてて、ゴハンの時や遊ぶ時は外すのですが、ちょっと眼を離した際に、後ろ足でカキカキしてしまい、どうにも治りが良くなく、皮膚が赤くなっていて脱毛部分が広がってきたように思います。

どうせそのうちお世話になるんだからと、三兄妹で散々お世話になったこれまでのかかりつけ医に行ってきました。

獣医師先生「性格がいい…」

馴染みの院長先生は、姫ちゃんを見るなり、「おおー…」と眺めたあと、「キレイなお顔ですね」。

保護主さんからいただいたこれまでの治療メモを見せながら診察してもらいました。脱毛した部分を見て「これはちょっと…」と言いながら、耳の中をチェック。かかりつけ医は、耳と歯茎のチェックは欠かさないのです。耳垢があるのは分かっていましたが、先生としては黒い耳垢が気になったようで速攻で耳掃除して、取れた耳垢で検体作り。ただ、顕微鏡検査の結果、懸念していた耳ダニはなし。

脱毛部分をテープでとってスタンプ検査するも異常なし。ダニやカビでは無さそうで、顔の炎症ということでノミの線も低い…けれども、赤みが強く、腫れがあることから、何らかのアレルギー反応で痒みが強いのであろうということで、皮膚炎の抗生物質とステロイド剤の内服で経過観察をすることになりました。

重度の腎臓病猫と違って、こうした効き目が強い薬が使えるのはありがたいです。副作用で、尿量が増えたり、お腹を壊す可能性もあるとのことですが、そこはこれまでの経験が活かせそうです。

堂々たる受診態度の姫ちゃん

姫ちゃんが我が家に来て、初めての通院でした。

まあ、予想はしていましたが、声が大きい姫ちゃん、リュック型のキャリーの中でにゃーにゃー鳴くこと…キャリーを背負って自転車で行ったのですが、これは「猫さらい」と思われても仕方ないです。ただ、「嫌ー!」ではなくて、興奮していただけのようです。

診察台の上に立っても、逃げたり暴れたりすることなく、堂々たる態度で辺りを見回してました。耳掃除で、ピンセットでつまんだ薬剤付き脱脂綿でグリグリされるのはさすがに嫌だったみたいで身を捩って避けようとしましたが、それ以外は全然…家に居るのと変わらない態度。

先生も「いいコだなー」「ホントに性格がいいコだ」を連発。先生曰く、診察に協力的なんだそうです。耳は嫌がりましたけど、それ以外は手がかからなかったとか。

先生が顕微鏡を見に奥に入っていったあと、姫ちゃんは診察台の上でどでんと横になって伸びてしまいました。帰ってきた先生がそれを見て絶句…「このコは…絶対に飼いやすいコですね?そうですよね?」と。

診察台の上で伸びて寝てました

ええ、私も驚くほどにいいコなんですよ。三兄妹もさほど診察を嫌がる猫たちではありませんでしたが、長男猫は途中で飽きて「帰るー」と言ったり、次男猫は大人しいけど心臓はバクバク言ってるビビリ屋さん、長女猫が一番肝が据わっていました。こういうところは長女猫に一番似ています。

想定誕生日は2020年3月3日に

成猫になってからの保護猫さんは正確な誕生日がわかりません。

分かるとすれば、元飼い主や捨て主がその情報を残してくれた場合のみ…。

保護主さんが3月に姫ちゃんを保護して動物病院に診察してもらった時の評価として1〜2歳ということでした。ただ、誕生日が決まらないとこれからも何かと不便なので、かかりつけ医になる獣医師先生に相談しようと思っていました。そもそも初診の問診で誕生日が書けないですし…

茶トラ兄妹が逝ってから49日を超えたあたり、なおかつ忘れなさそうな日にしたいと思っていました。女の子の「姫ちゃん」だし、雛祭りの日なら忘れないだろうと思い、想定誕生日を2020年3月3日にしたいが齟齬は無いかを訪ねたところ、「現状では正確な日にちは誰にも分からないけれども問題無い年齢状態」とのことでした。

姫ちゃんで長寿記録を作りたいわけではありません。ただ、加齢状態を把握するためのあくまでも目安…です。ただ、なんとなく茶トラ兄妹の生まれ変わりな感じもしますし、何より誕生日は祝ってあげたいので、この日が最適かな?

というわけで、ウチの姫ちゃんは現在1歳8ヶ月です!

まずは皮膚炎を治して、早くエリザベスカラーを取ってあげたい!お薬、頑張ろうね。ちなみに姫ちゃん、サプリなんかでもちゅ~るポケットに入れて与えると喜んでバクバク食べます。投薬の心配もありません!なんていい子なんだ…

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました