【猫】猫を飼うということ-飼い主の向き不向き

1 猫
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「猫を飼うと大変なこと」って?

ねこのきもち」は私が良く読んでいるサイトです。猫飼いだけではなく、猫を飼いたいと思っておられる方向けとしても、良いコンテンツが揃っていると思います。先日、Yahoo!ニュースで紹介されていたこちらの記事も面白く拝読しました。

私を含めて、既に猫を飼っておられる方からすれば当たり前のようなことですが、考えてみれば、猫と一緒に暮らしてみて初めて知ったことも多いような。ただまあ、乳飲み子から老猫ケアまで経験して、私自身、すっかり猫バカが身に付いてしまってると改めて思い知らされます。今回は、この記事のキーワードの沿って私見をば。

猫を飼うと大変なこと5つ

お金がかかる

これは本当に事実です。猫と暮らす前は、ペットショップなどの血統書のついた猫ちゃんの値段を見て「高いなあ」と思ったりしたものですが、その価格の正当性はともかく、猫を飼い続けるにはそれ以上のお金がかかります。

ただ、私の経験ではシニア期に入るまでは意外とかからないです。ん、いや、その当時は結構かけているつもりだったのですが、シニア期+慢性病になってからはそれまでの経済感覚では追いつかないくらい出費が増えてしまい、それ以前は安上がりだったなと思えてしまうというのが正しいところでしょうか。シニア期に入る、または大病すると大枚が飛んでいくので、猫が若いころから「猫の介護資金」を貯めておくことをオススメします。ペット医療保険も万能ではないです。猫のエサ代くらい…などと思ってると終生を飼いきれなくなりますのでご注意を。

我が家にゃ打ち出の小槌は無いんだぞ…

とてもキレイ好き

これは結構個体差があるような気がします。

ウチの三兄妹はそれほど神経質ではなかったのですが、トイレも共同でしたが、多少汚くても我慢して使ってくれて、シニアになるまで粗相したりはありませんでした。ただ、私が撫でたところをせっせと毛づくろいされるのは地味に傷つきました。

ワンコと違って、シャンプーしなくても獣臭は無かったです。鼻で猫吸いしても、健康的なニオイが楽しめました。

病気になることがある

上記の記事では「病気になることがある」とありますが、病気にはなる」のが正解…病気にならない猫は居ないでしょう。ウチも膀胱炎結膜炎には時々なりました。人間だって風邪を引くこともあれば胃炎になったりもしますしね。ただ、なるべく早めに治療を受けたり対策することで、病気になることを減らすことは出来るのは人間と同じかも。

長期の旅行などに行きづらい

一泊二日、頑張れば二泊三日くらいの旅行には行けるかもしれません。私の場合、「行きづらい」あまり、もう随分と旅行に行ってませんが。猫がシニア期になってからは出張も断ったり、早出遅帰りの日帰り出張で頑張ったりしてました。

猫が健康で、飼い主も猫も信頼できる人に託せるなら行けるとは思います。ただ、猫が病気だと…行っても楽しめないと思います。

爪とぎ、尿スプレー

我が家の兄妹たちは、初めての盛りが来る前に早めの去勢・避妊手術をしたせいか、スプレー行為をしなかったのでニオイで苦労したことはなく、スプレーに困っている方へのアドバイスは出来ません。ただ、健康な猫のオシッコは超濃縮されているので、かなりクサイです。

爪とぎは、キャットタワーや爪とぎを用意することで、かなり防げました。我が家で一番高価な家具である革張りソファーは、上にかけているカバーが相当にバリバリされてボロボロになっていますが、本体は無事です。家具や内装に傷がつくのがイヤな方は、猫と一緒に暮らすのは難しいと思います。

猫飼いに向かない飼い主の傾向

猫にしつけをしたがる人

ああ、これは絶対に向きませんね。しつけようとしたり、思い通りにならないと腹を立てるような方は猫ではなく、ワンコを飼う方が満たされやすいと思います。

だって相手は猫ですよ。

猫が好き勝手しているのを見て、「ああ、猫は自由だなあ」と幸せに感じるような気質の方でないと猫を飼うのは無理です。飼い主とペットという主従関係ではなく、夫婦や親子とも違う、ルームシェアしている「同居人(猫)」という感覚の方が近いような。懐いてきたり甘えてきたらラッキーだ、くらいに思える方がいい関係じゃないかと思います。

支配欲が強い方や、自分の思う通りにならないと面白くないという方は、猫を飼うべきではないと思いますが、そういう人も猫と暮らすことで性格が丸くなることがあるかもしれません…。

猫の性質を好まない人

猫は可愛いだけではないのです…

トイレは猫砂(これがまた結構飛び散る)を使うし、突然毛玉は吐くし、「うわーい」と喜んでガツガツおやつを食べたと思えばがっつきすぎて全部リバース(かなりの長距離砲だったりする)することもあります。なぜか、人間がゴハンを食べると催すらしく、ウンチもシッコもクサイです。換毛期になると部屋の中で抜けた毛が積もるし、衣服には常にどこかに猫毛がついてます。棚の上のものは避けられるくせに落として壊すし、夜はウロウロするし、爪とぎすると「ババッ!バリバリッ!」っていう結構な音がするし。何より、集中して何かをやってると「構ってくれよー」と邪魔しに来るし。リモートワークには向かない動物ですよ、猫って。

こういうのに耐えられない人は無理ですね…

 

しかし、猫飼いにしか分からないこともたくさんあるんですよね…これはまた次の機会に。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました