【日記】足が汗をかく極暖ルームシューズ

3 日記
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

足先が冷える…!

最近は夏も冬も「〇〇年に一度の…」ということが多くて困ります。もっとも年齢のせいかもしれませんが…とにかく夏の暑さと冬の寒さが堪えます。

普段は靴を履いている人も自宅に居ると結構、「足先が冷たい…」と思ったりしてませんか?日本の冬と言えばコタツですし、今は床暖房付きの住宅が増え、以前に比べれば足元が暖かいというご家庭も多いと思います。しかし、基本的にこれらは「採暖」、つまり暖かいものから暖を取るというもので、暖かいところを離れると寒いのが普通です。床暖房のエリアは暖かいけど、そこを一歩離れると足先は冷えるのが普通です。また、コタツは電気代、床暖房はガス代を結構食いますねえ…とにかく、ダイニングテーブルでPCにかじりついていると足先が寒いんです!

冷え性は女性だけのもの?

以下の情報によると、男性も冷えを自覚される方は多いようです。

男女530人に対して行ったある調査結果では、冷え性だと感じる人が女性で66.6%、男性で43.2%の割合になるとしています

空調の性能もあがっていますし、室内と室外の温度差が大きいことで自律神経が弱っているのかもしれません。また、デスクワーク中心ですと、意識して運動する等により筋肉を動かさないと血流も悪くなりますし、熱も生まれないのです。寒いから動きたくない…というと筋肉も動かないので、熱が生まれません。悪循環です。

今年は厚手の靴下で乗り切ろうとしましたが、どうにも冷える…室内でスクワットしてみたりもしたんですけど、太ももは張るし膝は痛くなるけど足先は温まらず…とにかく足先が寒い!

足が汗をかくルームシューズ

そんな足先の冷えを解消すべく今年の冬にゲットしたミズノのルームシューズ。

これはちょっとした驚きでした。

ボア付きスリッパとはくらべものにならないほど軽くて暖かいのです(姉妹品でボア付きのものもありますが、こちらはちょっと重いみたい)。厚手の靴下とは、足先の暖かさという点では次元が違いました。レビューを見ると、多くの方が暖かさの点でべた褒めなので少々眉唾かと思っていたのですが、使ってみるとなるほど人に勧めたくなる暖かさなのです(笑)。

私がここでおススメするのは、NM/NLタイプで、ボア付きのBM/BLタイプではありません。また、ブーツタイプもありますが、室内ではショートの方が何かと使い勝手が良さそうですよ。

保温というより遮熱?

こちらのルームシューズ、インナーがシルバーのラミネートになっていますが、この宇宙服のインナーみたいな銀色の生地が肝なんではないかと思っています。サイトには詳しい説明がないのでどのような機能性素材なのかは分かりませんが、ミズノ社はスポーツ用品メーカーですし、アウトドア製品もあることから、寒さ対策にはノウハウはあるはずなんですよね。

「ボアや裏起毛等で空気層を確保して保温する」という方式ではないような…床からの冷気を遮断してくれているような気がします。断熱に重きを置いているような。ただ、それでいて蒸れる感じはあまりしないのです。また、スリッパと違って踵がついていますので、すっぽり履くことが出来ますし、踵を踏めばスリッパのようにも使えます。(笑)

不安な点も

暖かいのは間違いないですし、蒸れるほどではないのですが、足が汗をかきます。丸洗いも出来るようなので、臭くなって廃棄ということは無さそうですが、履いているウチに多少汗臭くなるのは覚悟しなければなりません。まあ、これはボア付きのスリッパ等でも同じなのですが。

もう1点としては、ラミネートと底の間にある中敷きの耐久性があまり期待出来そうにないということです。数日履いた時点で、すでに足に馴染むというか、中敷きの凹みを感じます…もともと柔らかい素材なのですが、歩いた時の足底のクッション性は失われるのは早そうです。まあ、ルームシューズというより、靴下の上に履くオーバーソックスと思えば気にならないのですが、ヘタったインソールは苦手という方にはおススメできません。

不安点を凌駕する長所

しかし、そういうところを凌駕する暖かさがあるこのルームシューズ。レビューを読むと、キャンプでテントの中で履くという方もいらっしゃるようで、確かに靴を脱ぎたいけど寒いのはイヤというシチュエーションでは無類の強さを発揮しそうです。

ウチの猫も好んで履いております(笑)。

お値段も手ごろですし、これから室内の寒さが本格化してくるまでには用意しておきたいアイテムなのですが、どうも地味に人気らしく品薄です…!追加買いを考えているのですが、在庫が入ってもすぐに入荷待ちになっています。うーむ…

ちなみに、私はmizuno社の回し者でも関係者でもありません。私ゃどっちかというとAsics派です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました