【猫】腎不全にラプロスは効くのか?副作用は?

1 猫
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ラプロスを知りたい方が多い

弊ブログでは、高齢猫や腎不全のエントリーばかりになってしまっておりますが、いかんせん、ここ数年の我が家は猫たちの高齢化と腎不全の悪化という「老ニャンホーム」状態なので、どうしてもそういうブログネタになってしまうことをお許しください。

お越しくださるなかには、「高齢猫を太らせたい」とか、「高齢猫が吐くのを止めたい」「老猫 腎不全 過ごし方」などと切実なワードで検索をされて来られる方も少なからずいらっしゃいますが、残念ながら当方もそれを模索しながら日々過ごしておりますため、明快な答えは持ち合わせておりません。あしからず…。

最近は比較的体調も安定傾向で体重も維持できており、便秘や嘔吐の頻度が減ったのは、各種のサプリやクスリのおかげでありますが、特に、全身症状の改善において「ラプロス」の効果が大きいように思っています。

最初は激しい胃腸炎を発症

ラプロスの副反応だったのかは分かりませんが、投与を開始して数日で、激しい下痢と嘔吐に見舞われて投与は中止、しばらくはゴハンも食べられない状態になりました。

新しいクスリにお腹がビックリしたのかも知れません…可哀そうなことをしました。

なので、初めての場合は、超少量から始めて慣らした方が良いかも。良くも悪くもお腹がゆるくなる傾向があるお薬のように思います。

ラプロス再開後は安定

副反応かもしれない胃腸炎が癒えてから、ゆっくりと投与を再開しましたが、幸いにも副反応も出ず、その後、徐々に通常の投与量に増やしていきました。

この時点で、

  • 摂食量および飲水量の増加
  • 活動量も増加
  • 便秘が解消しつつある

とありますが、これはありがたいことに継続しています。

自分ではゴハンも食べず、水も飲まないという、「ボクはもう何も欲しくないんです…」みたいな困ったヒキコモリ状態だった次男猫も、今は腹が減れば自分でゴハンを食べにいき、水も飲んでくれています。(量は十分ではないにせよ)

一時は本棚の上で「ほっといてくれ」と言わんばかりの独り寝ばかりで大変心配していましたが、

体調が悪かったころの次男猫。本棚の上までゴハン皿を抱えて出前してました

今は毎晩、ニャルソックの自宅警備員として明け方まで働いていますし、メインの寝床であるソファ以外の風呂場や玄関でも寛ぐことが増えて、引きこもりは卒業しています。

そして何より、便通が改善したのは嬉しい効果です。

腎不全になると脱水状態になるため、どうしても便秘がちになり、いきんで吐く(いきみゲロ)が増えますが、嘔吐は脱水を加速させますので、腎不全猫には出来るだけ避けたいところ。

これが無いだけで、体調の急降下がかなり減らせます

体重が戻り、維持できています

ひどい胃腸炎を発症した時には、1割近く体重を落としてしまい、2.6キロまで急降下しましたが、その後はゴハンもそれなりに食べるようになったこともあり、3キロまで体重を戻しました。

今も多少の増減はありますが、3キロ前後を何とか維持できています。

ラプロスを投与する前と比べると、全身状態は良いです。

顎回りがふっくらと丸みが戻ってきました

急激な体重の減少は脱水によるところが大きく、今は自宅で毎日輸液を行っているせいもありますが、自分で摂食できてウンチも出て、それでいて長く体重が維持できているのはありがたいことです。

また、腎不全由来による腎性貧血もありますので、今は10日に1度くらいのペースで造血ホルモンの注射を行っていますが、これも全身症状の改善をもたらしているとは思います。口腔内の粘膜や肉球の血色も良くなりましたからねえ。

ラプロスに即効性は無い

しかしながら、慢性病のクスリということもあり、投与したからといって早々に効果を実感することはありませんでした。

人間のように胃薬を飲んだら胃もたれがスッキリするとか、鎮痛剤を飲んだら頭痛が取れたとか、そんな感じではありません。多少、食欲に勢いが出たくらいかな?

効いているような効いていないような状態が続き、振り返ってみると数か月前よりは随分良くなってるなあという感じです。

投与前はゴハンを食べなくて体重が減り続けていましたから、それに比べればかなり良くなっていると言えますし、今、投与をやめると急に具合が悪くなると思います。

1か月で1万円~と、お値段のはるクスリですし、飲んでもスカッと効く感じでもないため、継続は悩むところかもしれませんが、個人的にはいい薬だと評価しています。

なお、私の知る限り、ラプロスはAmazonや楽天では購入することが出来ず、海外の個人輸入でも品ぞろえしているところは現時点では見当たりません

腎不全でやはりよく効くと言われるセミントラは個人輸入で購入できますが、コロナ禍で市場に出回っている数が激減しているようです…。

放っておいたらどんどん悪くなる慢性腎不全。我が家の場合、高齢猫ということもあり、上手く付き合っていくしかありません。

残念ながら、ラプロスを飲んだからといって、元気溌剌だった若いころのようには戻ることはありませんでした。

若いころは病気知らずの超健康体だったんだけどねえ…

ただそれでも、腎臓悪化のスピードを抑え、QOLを上昇させるという点ではこれまでに私が試した他のクスリやサプリよりも効果はある、というのが私の感想です。(あくまで一飼い主の感想です)

投与に関しては、掛かりつけの獣医師さんとよくよくご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました