【猫】おしゃれなキャットタワー?

1 猫
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

お花台がキャットタワーに?

昨日、ツイッターを眺めていたら、なにやら興味深いツイートが。

ツイート主さまにはご了解を得て引用させていただきました。純子さま、ありがとうございました。

なんと、オシャンティーで素晴らしい!!

多頭飼いのツイート主様、さすがに心得ていらっしゃいます。これだとあまり圧迫感の無いキャットタワーになって、室内の見通しも良さそうです。また、猫ベッドや毛布など、カスタマイズ次第で色々なことができそうな気がします。組み立てや解体も簡単そうですし。

いいなあ。ただ、我が家の現状では、新しいキャットタワーの主が居ないので新調できないのが残念です。

我が家の歴代キャットタワー

ペット不可の借り上げ社宅から、分譲マンションに引っ越したことで、喜び勇んで購入したツインタワー型のキャットタワー。

もう15年以上現役です。が、本来はツインタワーの両方が天井への突っ張りタイプだったのですが、猫ズが一箇所に固まったり、追いかけっこしながら飛び乗ったりしたせいで、一本のタワーが途中でへし折れてしまいました。帰宅して折れたタワーを見つけた時はなかなかに衝撃的でしたが、猫たちに怪我がなく、また窓ガラスに当たらなくて良かった…

ということで、耐荷重量がタフなタワーを探して購入したのが、2代目のタワーですが、鉄骨仕様で、猫ズが全員乗ってもびくともしないものです。こいつも10年以上現役です。

しかし、この鉄骨を組み立てるのが超大変で汗だくになりました。3猫ズ合計で20キロ弱が飛び乗っても暴れてもびくともしないのは良いのですが、今では次男猫も輸液から逃れるために一番下の段で息をひそめるためだけに使っており、ほとんど猫グッズの物置と化しています。勿体ない…。

また、いずれも土台部分が結構でかいし、カーペット部分は毛も汚れもとれない…うーむ。

しかも、どちらも結構いいお値段したんですよねえ…ただ、いずれも長きに渡り、猫ズがよく使ってくれましたので、ありがたい限り。

問題は、処分方法…

この先、これらのキャットタワーが不要になった時のことを考えると頭が痛いのです。いや、どちらも今は誰も使っていない(涙)ので、そろそろ考えねばならんのですが。

いずれも、それなりの強度を確保するために頑丈な素材が使われています。鉄骨型のなんて、粗大ごみになるとベッドとして申請したほうが良いくらいの代物です。

解体して粗大ごみに出すのも手間も費用もかかるなあなどと思っている時に、あのツイート動画を見て、これは手軽に使えそうだと思った次第です。使ってくれなかったらベランダで本来のお花台として使えばいいし、解体すれば燃えるゴミでだせそうだし…。

強度や組立/解体に利点あり

Amazonで似たようなものを探してみました。例えばこんな感じの。

見てくれはスマートですが、耐荷重量が75キロということなので、こういうことも出来るのかな…(ちょっとたわんでますが)

個人的にはこれでいいじゃんと思ってしまいます。ガタツキが起きそうな時は、これの下に敷物を敷いて、一番下の段に重石を置くといいのかなと。

個人的に、キャットタワーのカーペットにこびりついた猫毛が、なかなかとれないのがストレスです。もう10年以上使うとどうしようもないですね。ゲロだなんだと汚れちゃってるし…。

キャットタワーというよりは、小さなキャットウォークみたいに使えるってのは見ていても楽しそうだなー。いいなあ。

試してみたいけど、そもそも、今の次男猫は使ってくれるのかしら。ほとんど人間用のソファーの主になってるからなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました