【猫】老猫、腎不全、腎性貧血そして胃腸炎

kuro 1 猫
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

我が家の18歳になる猫さん。

ここ数年、腎不全で闘病していますが、一時は落ち着いていた貧血も新たに出てきて、造血ホルモン剤のエスポーの注射も再開。ただ、喫緊の課題はここ数日苦しめられている胃腸炎です。冒頭の写真はほんの10日ほど前のもの。ベランダに出て日向ぼっこしたり猫草を食べるのが好きでした。

彼は17歳までは毎日快便の一本糞が自慢だったのですが、腎不全が進行してからは、重度の便秘になり、うんちをするたびにいきみすぎて嘔吐することが増えていたのですが、この胃腸炎で重度の下痢になっています。いきみゲロをしなくはなりましたが、大量の水分が下痢として排出されるので、これは脱水をさらに進行させてしまいます。昨日、ペットシーツを計ったところ、一回の下痢で約50グラムありました。この計算では、何回か下痢をしてしまうと一回分の輸液した水分があっという間に排出されてしまいます。下痢止めは注射してもらっているのですが、残念ながら今んとこ効いていません。

昨日は嘔吐もしなかったため、猫用粉ミルクをシリンジで10ml程度を与えたところ、しばらくして全部吐いてしまったので、強制給餌もできません。もっと薄くして少量ずつ与えてみるか…

これまでの我が家の猫さんたちは、「もうダメか…」と思っても奇跡のように回復してきました。(むしろ、逝っちゃう時は「え?今日なの?」というくらいに突然でした)猫さんの自然治癒力を信じて下僕としてはサポートするしかありません。弱っている猫さんにできることといえば、

  1. 身体が冷えないようにする
  2. 居心地の良い静かな場所をつくる
  3. トイレや身の回りを清潔にしてあげる
  4. 出来るだけ水分を体内に入れてあげる
  5. 可能であれば、食べ物を体内に入れてあげる

下僕は出来るかぎりの身の回りの世話をしつつ、猫さんの力を信じるしかないのです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました