【猫】COMBOプレゼントのシニア食も優秀でした

1 猫
この記事は約13分で読めます。
スポンサーリンク

オヤツ版は優秀だったけど

先日、買い求めたCOMBOシリーズの「コンボ・プレゼント 腎臓の健康維持  シーフードミックス味」が、オヤツとして非常に優秀でした。

食欲がいまいちな次男猫も、これを出すとふがふが言いながら小袋の3グラムを軽く完食する(ついでに混ぜた潰した錠剤もぺろりと飲む)という素敵なアイテム。

twitterのフォロワーさんたちからも、非常に食いつきが良いという反応が複数ありまして、常備しているという方もいらっしゃいました。また、他のフォロワーさんからいただいた情報では、オヤツ版ではなく、フード版のコンボ・プレゼントもあるとか。ちょっと調べてみるとなかなか興味深いスペックだったので、早々に買い求めました。

低リンのシニア食をチョイス

初物なので、店頭で複数の製品からスペックを比較して、今回はシニア食をチョイスしました。最終的には、同じくコンボ・プレゼントの「下部尿路の健康維持」との一騎打ちになりました。こちらもなかなか捨てがたいスペックでした。amazonのレビューとかでも相当いい感じですね。

コンボ・プレゼント 15歳頃から

たんぱく質26.0%以上、脂質9.0%以上、粗繊維3.0%以下、灰分9.0%以下、水分10.0%以下、カルシウム0.6%以上、リン0.5%以上、マグネシウム 標準値0.11% 360kcal/100g

コンボ・プレゼント 下部尿路の健康維持

たんぱく質27.0%以上、脂質9.0%以上、粗繊維4.5%以下、灰分9.0%以下、水分10.0%以下、カルシウム0.9%以上、リン0.7%以上、マグネシウム 標準値0.08% 350Kcal/100g

「下部尿路」は確かにマグネシウムが0.8%と低いのですが、リンがちょっと高めの0.7%。「15歳頃から」はマグネシウムが高め(0.11%)ですが、このリンの低さ(0.5%)は目を引きます。結石持ちの猫ちゃんには下部尿路(マグネシウム0.08%)の方がいいかもしれません。このあたりはもう些細な差だと思うのですけどね…オシッコはジャージャー出るので、結石を意識したマグネシウムの量より、とにかく腎不全のキャットフードとして基本、低タンパク質+低リンを重視して、今回は「15歳頃から」をチョイスしました。

近くのホームセンターで1袋240g(小袋20g×12本)を327円(税込)で買い求めましたので、100g136円、小袋20g1本27円くらいと、療法食に比べれば相当に安価ですね。オヤツ版よりもお得なので、普段使いに良さそうです。

フード版は、オヤツ版と違ってグルコサミンやコンドロイチンの配合はありませんが、コエンザイムQ10アミノ酸(タウリン、トリプトファン、メチオニン)は配合されています。

実物レビュー

1袋240gなので、シーバとかの総合栄養食コーナーで陳列していました。

中は20gの小袋が12袋入っています。こちらはまぐろ系のフレーバーが3袋ずつ4種類入っています。味の違いはちょっと私には分かりませんが、次男猫にとって飽きない程度の味の違いがあれば嬉しいのですが。

このシリーズ、粒が小さくて薄いのはありがたいです。歯や口腔にトラブルがあると、大粒のフードは食べづらそうなので。

比較のためにクリスピーキッスと並べてパシャリ(決してクリスピーキッスをディスっているわけではありません!)。しかし、クリスピーキッスもアメリカのモンですからね…だから大粒なのかな。

大きな粒を、「カリリリッ!」と食べる音は嬉しいのですが、老猫飼いにとっては音よりも量が重要。楽しそうにカリカリをかじるよりも、お茶漬けをかっこむようにカリカリをたくさん食べてくれた方が嬉しいのです。

実食レビュー

とりあえず10gをお皿に出して、食いつきを確認するために、今回は混ぜものナシで召し上がりいただきます。今回も、さっきまで寝ていた次男猫に実食レビューにご協力いただきました。

「眠いんだよ…おおっと、例のアレだな?」と目ざとくお皿のカリカリを見つけて突進し、寝起きにも関わらず、顔を上げることなくふがふがと食べ続けた次男猫。途中、何度か息継ぎをしつつも結構長いこと食べてましたが、5分弱の時間で一気に8g食い。最近の次男猫のお食事時間にしては、かなり早食いの大食いしてくれるフードです。

さすがに3gだと、「ケチケチすんなコノヤロー」と怒った次男猫ですが、今回はある程度、お腹にも溜まったようです。

食べて満足そうな姿は、下僕としても給餌の甲斐があるというものでございますよ。

良いものが増えてきてるという実感あり!

日本ペットフードさん、ゴメンなさい。これまでずっとジャンクフードを作ってると思ってました…少なくとも、栄養成分のスペックを見る限り、真摯に製品開発をされているんだなと思います。ペットラインさんやいなばさんも同じくで、国産のペットフードメーカー各社さんが色々と努力して、様々な健康状態で悩める飼い主向けに商品を届けようとされていることを強く感じている今日この頃です。ありがとうございます。ぜひ、慢性腎不全の猫がガツガツ食べてくれる療法食を開発してください!

それに引き換え…以前はあんなに好きだったシーバ、全然食いつかなくなりました。どうやら、生産国がカナダからタイに変わり、同時にレシピも変わってしまった模様。ホントに食べないなー…

この「コンボ プレゼント15歳頃から まぐろの旨み4種アソート」は日本メーカーによる安心の国産です!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました