【日記】宮本浩次、初のオリコン1位! エレカシファンとしては嬉しいけど複雑…

Romance 3 日記
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次さん(通称:みやじ)がソロとして制作した女性ボーカルばかりのカバーアルバム、「ROMANCE」がオリコン初登場第1位を獲得しました。
NHKの「うたこん」や「The Covers」、民放でも「Music Fair」などでアルバムリリース前からちょいちょい露出していたことも奏功してか、エレカシからソロを通じて初のオリコン1位。みやじもさぞお喜びだろうと思います。
ヘビーなロック歌謡曲と化した「ロマンス」や、超高らかな「あなた」、迫力のある「木綿のハンカチーフ」などは聞き手にも相当な衝撃だったようで、リアルタイムでTwitterを見ていると、「凄い」とか「カッコいい」と大評判でした。まあ、私もテレビの前で口をあんぐりと開けて観ていたんですけどね…(笑)。
エレカシでもオリコン1位はまだ無かった
エレカシというと、「俺たちの明日」とか、ちょっと古い曲でいえば「今宵の月のように」が代表曲です。しかし、「俺たちの明日」はオリコン最高18位、「今宵の月のように」が8位です。「今宵の」が含まれる1997年のアルバム「明日に向かって走れ」が2位だったので、みやじのソロは、もうまさにエレカシの往年のピークを越えたと言えるかもしれません、セールス的には。
作風やセールスはレコード会社によって大きく異なる
エレファントカシマシは1988年にEPICソニーよりデビューするも、セールス不振により契約を打ち切られ、浪人生活を経て1996年にポニーキャニオンと契約。ここで大ヒットを連発し、一躍スターになるも、1999年にポニーキャニオンとの契約終了後に東芝EMIへ。その後、2007年にユニバーサルミュージックと契約することになります。
以下は私見ですが、各時代ごとのエレカシの特長として、
  • EPICソニー時代 : 内省的かつ厭世的(笑)。暗い曲が多い…
  • ポニーキャニオン時代 : 同じバンドか!と思うくらい、明るくスタイリッシュ
  • 東芝EMI時代 : ロック色が強まり、実験的な曲作りやアレンジが増える
  • ユニバーサル時代 : 曲のバリエーションが広がり、凝ったアレンジも増える
EPICソニー時代、世の中はバブルの時代ですが、絶望的なほど売れてないんですよね。ほとんどオリコンにもランクインしてません。「奴隷天国」をシングルカットするなんて、そもそも「売る気ないやろ」って感じです(私個人としてはエレカシのトップ5に入るくらい好きですが)
それがバブルが弾けた後にも関わらずポニーキャニオンでバカ売れして、ユニバーサルミュージックでも手堅くセールスを稼いでいます。やっぱりレコード会社って大事なのね…
ちなみに、昔のライブ映像とかをyoutubeで見ると「ギターって変わってるのか」と思われるかもしれませんが、ずーっと同じく石森さん、通称石君です。髪型が物凄く変わるだけです(笑)。
エレカシファンとしては、うれしいが複雑
長年、エレファントカシマシや宮本浩次さんを追っかけてきた者として、今回のオリコン1位は嬉しいです。売れない時期も知っているし、みやじがコンサートで「自分の曲がテレビで流れたのを聞いて嬉しかったなあ」って言ってるのを聞いてますので、やっぱり売れてナンボなんだと思います。
ただ、やっぱりエレカシとして、オリジナルの曲が評価されてオリコン1位になって欲しいというのが正直なところ。みやじが稀代の歌い手というのは間違いないのですが、やっぱりエレカシってバンドが好きなんですよ、私。多少、演奏レベルが…ってところはあるにしても。
ただ、売れるとライブのチケットが手に入りにくくなるんですよねえ…売れるのは嬉しいけど、チケットが簡単に手に入った時代が懐かしい。
テレビでは歌う姿が奇行のように思われていると思いますが、ライブではあんなのがずーっと続きます、通常運転です。
ただ、迫力がハンパ無いんですぜ。
MC「エビバデ、いい顔してるぜー!よく見えないけど」
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROMANCE (初回限定盤 2CD) [ 宮本浩次 ]
価格:3850円(税込、送料無料) (2020/11/24時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました