【猫】姫ちゃん、前歯が減ってます

1 猫
この記事は約10分で読めます。

もともと歯は少ないけど…

姫ちゃん、昨年の秋に我が家へ来てしばらくしてから気づいたのですが、前歯が少ないのです。犬歯はしっかりあるものの門歯(切歯)は数本しか無いまばらな状態でした。外の生活で抜けたのか、はたまた歯周病等の影響か…

2021年10月末の状態

かかりつけ医の獣医師先生にも診てもらいましたが、「歯周病も重くは無いし大丈夫でしょう」とのことでした。口臭が強いのは気になりましたので、時々デンタルシートにデンタルペーストを付けてフキフキしたりしていますが、そのうちにデンタルシートに前臼歯あたりの歯茎からの出血がつくこともなくなったので随分と良くなってきてると思います。

ただ、最近、舌を出してることが増えました。「チロリン(笑)」などと思ってましたが、ちょっと気になって久々に口を大きく開けてみると…

姫ちゃん、歯が減ってるよ!!

写真で比較すると…

こうして見ると、上の切歯は3本残ってたのが1本しか残っていません。ただ歯茎を見ると抜けたところは落ち着いていて、むしろ残ってる1本の根本のほうが赤い…

また、下の切歯は2本あったのが1本しか残ってないようです…

昨年10月の写真と比べると、やっぱり減っています。

このオレンジで囲った歯の3本が無くなっています…しかしまあこのまばらに残ってしまった歯たち、単独では生き残れなかったようです。

今年の7月時点ではまだ残ってたんですが…

2022年7月ごろ。まだ残ってました

ベロが出てるのが増えたのは今月に入ってからからなので、なにかのタイミングで抜けちゃってるようです。まったく気づきませんでした。出血した様子も無かったし…不覚!チロリンは歯が減って違和感があったのか、それとも舌をしまう歯が無くなって出てきちゃってるのか分かりませんが…

残念ながら、猫さんにインプラントはもちろん、入れ歯や差し歯というのは聞いたことがありません。おそらくこの上下に1本ずつ残っている切歯もいつかは抜けてしまうでしょう…しかし姫ちゃんの犬歯は若いこともあってキレイです!

次の健康診断の時に診てもらいます。

先代猫たちはヤングコーンのような切歯がキレイに並んでいる猫たちでした。

やはり短い期間でもお外で暮らした時期はキビシかったのかもしれません。

全身状態は昨年より良い!

姫ちゃんは我が家に来たころはホントに水を飲まず、毛づくろいも先代猫たちに比べてあまりやらない猫さんでした。

それが最近は色んな水場でしっかり水を飲むようになり、オシッコの回数も安定して朝晩2回しっかり出します。慢性腎臓病の猫飼いだった経験の性で、1日3回の日は「すわ、腎臓病発病か!」と思ったりしてしまいますが、まあ、そんな日もありますね…。

毛づくろいも以前に比べるとしっかりやるようになり、以前はやらなかった顔洗いもよくやっています。猫さんの顔洗い、手の甲でぐしぐしと顔を擦ってるのって可愛いですよね…

しかし、今になって思えば、あんまり水を飲まなかったり毛づくろいもしなかったのは、ひょっとしたら当時は口の中が痛かったのかもしれません。

この1年で臼歯の歯茎の赤みや腫れがかなりマシになっていますし、口腔状態は改善しているように思います。姫ちゃんはウェットをあまり好まず、カリカリがメインであること、夜は夜食代わりに口腔ケアのカリカリスナックを食べていることも効果があるのかもしれません。これは美味しいらしく続いています。姫ちゃんのオススメです。

口臭もかなり軽減されました!

いつかは抜歯となるでしょう

ただ口腔に火種を抱えているのは間違いなさそうです。いつかは抜歯をすることになろうと思います。

三兄妹は最後まで歯は残っていましたが、次男猫は最後の最後に歯茎が腫れて、大きな膿の塊のようなものが出来てしまいました。食欲が無かったのは慢性腎臓病だったこともあると思うのですが、この膿んだところに痛みや沁みがあったのではないかと思っています。ただもう慢性腎臓病の末期になると、腎臓への影響があって飲ませるクスリや塗ってあげるクスリも無かったのです…もう少し食べられればもう少し元気に長生きできたのではないかと思ったりもしてしまいます。また歯周病からでる毒素が内臓に影響するとも言われています。先代の三兄妹、歯磨きは嫌だったようでまともに口腔ケアはしていなかったからなあ…

なので、姫ちゃんには将来的に全身麻酔に耐えられる元気な間に口や歯まわりの大工事をすることを予定しています。そのために抜歯も補償されるペット医療保険を選んでるからね…

その前に口腔ケアをしっかり頑張ります。猫友さんからご厚意で安価に譲っていただいたこちらでせっせと歯磨き中です!

好きな味というわけでもないようですが、ライ○ンの歯磨きペーストより嫌がらない気がします。歯を磨くというより、これを歯茎に塗り込むように使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました