【猫】真菌症との戦い 完結編

1 猫
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

真菌症、ようやく収束

姫ちゃんが我が家にやってきたのが10月23日。保護主さん宅で、左眼の上をカイカイして掻き壊して怪我している状態でしたが、保護主さんにお願いして早めに迎え入れました。待ちきれなくなったので…

痒みが強かったのか、カキカキしたところは、赤く腫れてましたし、左眼の上だけでなく、右のほうもカキカキして流血したりしていました。かかりつけの動物病院に通院しましたが、各種検査でダニやノミではなさそうということで、真菌の培養検査を行ったところ、どーんと真菌が増えたのが確認され、真菌症という診断になりました。

愛猫さんが真菌症と診断されたり、突然に猫に円形脱毛症が…という方のご参考になればと思います。

治療の経過

姫ちゃん、我が家に来た時からカイカイの掻き壊しがありましたが、動物病院で診察や検査をしても最初は痒みの原因が分からなかったことから、痒みを抑えるためのステロイド(プレドニゾロン)と、なにかの細菌による反応の可能性があるということで抗生剤(ゼナキル)の投与を始めました。

ステロイドの効果か、しばらくすると痒みと赤みがひき、異常なほどにカキカキすることは無くなりました。ただ、ここで、このまま治ってくれるかと思いきや、眼の周りや鼻の頭に、ちょいちょいとハゲてくるところが出てくるようになってきました。

この頃、培養検査で真菌による疑いが強くなったため、真菌症用の飲み薬、イトラコナゾールが処方されました。これは、だいたい3週間を1クールとして様子を見て一旦は休薬し、様子を見て期間をあけて再投与するか、違うアプローチをするかの判断をするようです。イトラコナゾールは肝臓に負担がかかるということで、長く与えるものではないのだとか。

ただ、このイトラコナゾールを飲み始めてからも新たな脱毛スポットが出来たり(赤みがひいた左眼の上や、鼻、その後は耳の後ろ、天頂部がツルンとなるほどにキレイにハゲました…)と、飼い主としては少々ツラい日が続きました。真菌症は基本的に健康に影響は無い病気ではありますが、あちこちハゲてる猫ちゃんは見ている方もツラいものです。飼い主さんは、腰を据えて治療する必要があります…ちなみに、このイトラコナゾール、効かないと思っても3週間は飲み続けたほうが良いです。

この頃からは、塗り薬のラミシール(テルビナフィン塩酸塩)も併用しています。

殺菌シャンプーは効果的

しかし、なかなかハゲが収まりません。一晩経って新たなミステリーサークルのようなハゲを見つかった時は、かなり凹みます。この状況にイライラした私は、殺菌用に薬用シャンプーを投入しました。

個人的には、この薬用シャンプーは効いたような気がします。週2回、ハゲが出来ている顔面を中心に、シャンプーを泡立てた状態で患部に塗って毛と肌になじませ、10分ほど経ったら固絞りしたタオルでキレイに拭き取り、乾いたタオルで乾かすという簡易的な薬浴方法をとりましたが、毛はふわふわになるし、地肌もいい感じになりました。
定期的にやることで、塗り薬も吸収しやすくなってたりするのかもしれません。

痒みの原因は耳垢かも

通院のたびに、耳掃除もしてもらっていましたが、なかなか引かなかった黒い耳垢。耳洗浄液をつけた脱脂綿でグリグリと耳の中を掃除されるのは、姫ちゃんは大嫌いでして…っそれなのに、先週やっても今週は汚れているという状態が続きました。
ここで獣医師先生が抗菌剤とステロイドが入った点耳薬ウェルメイト(犬の外耳炎用の点耳薬/他社製品:ミミピュア)を投与してくれましたが、これが劇的に効きました!毎週やってもなかなか改善しなかった黒い耳垢ですが、週1回を数回やってもらって以降、黒い耳垢がでなくなりました。あれがひょっとしたら、真菌の巣だったのかもしれませんねえ…
こちらの写真は、殺菌シャンプーを始めた頃。頭頂部にくっきり脱毛部分があり、これがその後、さらに拡大しました。耳の裏側も実はツルツル。
鼻も脱毛がありました。こちらもその後、エリアを右方向に拡大しました。
今は耳の後ろも細くて短い毛がびっしり生え揃い、頭頂部もハゲが隠れるほどに伸びてきました!
真菌は人間にもうつるといいますが、幸いにも私は大丈夫でした。家の中の掃除を以前よりも頻度を上げたこと、殺菌のために次亜塩素酸水を結構使ったのが良かったかも。空間除菌に効くかはともかく、水垢などのカビに対しては次亜塩素酸水は効きます。

漂白剤などの次亜塩素酸ナトリウムは最強かと思うのですが、扱いが難しいです…
個人的に総括すると、ウチの姫ちゃんにまた真菌症が疑われた場合は、飲み薬の抗真菌薬と、殺菌用の薬用シャンプーは外せないという感じです。また、かゆみ止めにはステロイド、耳垢にはステロイド+抗菌剤の点耳薬が効果てきめんでした。
真菌症でお悩みの猫飼いさんに置かれましては、獣医師先生とよくよくご相談なさってみてください。ハゲるのは一瞬、治るのには時間がかかりますが、きっと良くなりますので!
ただ、まずは皮膚炎や脱毛の原因が何なのか、しっかり検査するのが早道だと思いました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました