【日記】auをpovoに契約変更しました

2 Biz
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

auの契約をpovoに変更しました

携帯キャリア会社の各社が大容量で低価格のプランを昨年末から年初にかけて相次いで打ち出し、弊ブログでも何度か取り上げました。

個人的には、Docomoのahamoが三大キャリアのなかでも最も意欲的なプランだと評価しています。その一方で、長年の契約をしていて、かつてはチャレンジ精神が旺盛だったauを知る身として、心情的にあっさり切れないという部分がありました。

とはいえ、2年縛り1GBの通常契約と、20GBpovoを比較してみると、povoの方がお安いのです。諸々考えた結果、今回はahamoへのMNPを見送り、povoへ契約変更としました。

手続きはあっさり終わる

auからpovoへの契約手続きは、いくつか確認するステップはありますが、基本的にはauの契約情報がそのまま引き継がれるので、スマホのオンラインであっさりと終わりました。使う機種やその端末ID番号とか、いくつか知っておくこと、調べる要素があります。一応、確認するやり方は説明がありますが、「そもそも説明を読まない方」や「スマホでコピペが出来ない方」はちょっと難しいかもしれません。

ちょっと前に、ahamoに契約変更するもスマホが繋がらず、Docomoショップに突撃して文句を垂れたジジイのブログが炎上した事件がありましたが、スマホの手続きや設定が個人で出来ない方は、ahamoやpovoなどのオンライン専用プランに申し込むべきではありません。それらのコストがかからない想定での格安プランなので…(Docomoはahamoをショップでサポートする場合の手数料を1回あたり3,300円で展開するようですが、考えようによっては安いです)

ちなみに、この炎上主の方は、未だにご自身のブログで「俺は悪くない」とおっしゃってます…

au→povoだと変わった感じはしない

契約を変更しても、回線そのものはauなので、スマホとしての機能には何の違いもありません。が、使ってみてのメリット・デメリットを以下にまとめてみます。

au→povoのメリット

au→povoは即時反映

「申し込みが完了しました」の画面が出たら、既に契約はpovoになっていて、通信量が20GB上限になっていました。

回線費用が安い

以前は、基本料2,480円ー2年縛り▲1,500円、LTE NET300円+データ通信1,700円(1GBまで!)で2,980円(税別)で、データ通信量が多ければそれ以上になりますが、povoは20GBで2,480円(税別)です。シンプルに安いです。

通信量を気にしないでよい

Wifi環境下であれば問題ありませんが、外に出るとそれなりにデータ通信で容量を食います。かつては毎月、1GBを軽く超えてました。

テザリングも料金に含まれる

auのケチなところなのですが、ある時からテザリングがオプションになったので解約していましたが、povoはテザリングも標準です。20GBあれば、PC持ち出してテザリングしてもかなり使えるでしょう。

au→povoのデメリット

契約年数がリセットされる

これがauの目的なのかもしれませんが、今後は、長期契約ユーザーへの優遇を政府から迫られる可能性を考えてか、これまでの契約期間の履歴がリセットされます。こういうところ、auはケチですねえ。

My au(アプリ)が使えない

もろもろの機能がやっと統合されつつあったMy auのアプリはpovoユーザーは使えませんこういうところ、ホントにケチ

Povo専用のアプリがイケてない

My auと同等の機能があればいいのですが、povoのアプリは、オプションというかトッピングの申し込みに特化しているようなアプリで、機能的に全然イケてません

キャリアメールが使えない

個人的にはauのキャリアメールには、au絡みのセールスメールがほとんどだったので…過去1年以内に知人からのメールとかは来てないんじゃないかな。金融機関等は認証用にキャリアメールを要求するところもありますが。(これを書いてて、auじぶん銀行のメルアドを思い出して慌てて変更しました)

auでんきやauガスの取扱が不明

auで電気光熱費はおまとめ中だったのですが、povoになっても継続されるのか微妙なところ。「当面は対応」みたいな書き方です。

潜在的には不満が残る

前述の通り、個人的にはahamoを評価しつつも、auに残ったわけですが、auからしてみると、povoは、auの通常契約とUQの間くらいに位置するサブブランド的な扱いのようです。

ひょっとしたら、povoのリリースに色んなことが間に合ってないのかも知れませんが、ユーザーとしては、「手抜き感を禁じえない」ところ。povoアプリを使っていると、画面が遷移して結構な割合で「My au」に飛ばされるんですが、そこであれこれしていると「povoユーザーはMy auアプリを使えません」みたいな画面が出て、いちいちイラッとします。オンライン専業のブランドなのであれば、このあたりの完成度をもっと上げて欲しいと思います。

povoアプリから遷移してきたんだけど…

スマホを使う分には不満は無いけれども、auのサービス面でいうと、潜在的にはモヤモヤしますな…これ。個人的には割り切ってる方だとは思いますが、それでもモヤります。イマイチ、しっくり来ないなあ。 その点、楽天モバイルはいい感じなんですよね…意外と。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました