【猫】投薬補助おやつを試してみた

1 猫
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

薬やサプリがどんどん増える…

慢性腎不全の猫になると、薬がどうしても増えてしまいます。

我が家では、血圧を下げるフォルテコール(1錠)に、腎臓用のラプロス(2錠)が基本です。

それに加えてのサプリが、プロバイオティクスのカリナール2(粉末1g)に、尿毒素を吸着するネフガード(2粒)、関節用のコセクインが1カプセル。あと、整腸作用のあるビオフェルミンなど…。

改めてこうしてみると、結構な数になります。

カリナール2が粉末のため、我が家では空きカプセルに詰めて与えていますが、できるだけ投薬回数を減らすためにこのカプセルに錠剤を足したりしています。

我が家の次男猫は、投薬には比較的協力的なので助かります。口を大きく開けさせて、舌の奥の方にポトリと落として口を閉じさせると概ねごっくんしてくれます。ただ、機嫌が悪いと暴れたりするので、牙で指を切ったりしますが。

しかしながら、口を無理やり開けさせて薬を飲ませるというのは、私にとってもイヤですし、猫にとってもストレスが溜まると思います。薬の支度をしていると気配を消しますからね…

お薬ぺっぺの名人…いや、名猫

ウチの次男猫、投薬には協力的ではあるのですが、薬をぺっぺするのは得意です。

カリカリに潜ませておいても錠剤は避けられます。食べてくれません。

手のひらに、クリスピーキッスに混ぜても錠剤だけは上手く避けて食べますし、勢いで口に入ったとしても、しばらくするとぺっと吐き出してしまいます。

ちゅ~るに混ぜても同じで、口に入れてもどうやってか分かりませんが、錠剤だけを上手くぺっぺと吐き出します。

長男猫はおバカだったので、「ん?」な顔をしながらも、そのまま飲み込んでくれてたのですが…。

投薬補助トリーツを試してみた

薬を包むオヤツみたいなトリーツがあるのは知っていました。グリニーズのピルポケットなどが有名ですね。

今回は、あくまでお試しということで、こちらの製品を試してみました。次男猫の好きなまぐろフレーバーをチョイスしました。

個包装にはなっていませんが、個々の粒が柔らかいせいか、ケースに入っています。外装を開けたあとは冷蔵庫で保管とのこと。

触った感じはソフトな感じです。ニオイは結構強めです。

指で簡単に潰せます。温度が低いせいか水分が足りない感じですが、指で捏ねるとそれなりに粘度が出てきます。

薬を包みます。今回はカプセル2号と小さな錠剤をくるんでみます。

こねこねしてくるみます。ちょっと大きくなりましたが完成です。

面白いように食べてくれます

昨夜と今朝と試してみたのですが、珍しく薬を吐き出すことなく、むしゃむしゃと食べてくれました

カプセルは吐き出すこともありましたが、どうやらこのメディボールが美味しいらしく、もっとクレクレの勢いでもう一度食べさせるとそのまま飲みこんでくれました。

反応を見ていると、もっと欲しいようです(笑)。これはオヤツ代わりになるな。

しばらくすると、「あれには美味しくないものが包まれている」と学習しそうですが、今日のところは、珍しく投薬が飼い主にとっても嬉しい時間になりました。

しかしまあ安く買えても1粒あたり40円程度ということと、潰したり捏ねたりで手が汚れるというのはちょっと考えどころです。

ただ、今日は2月22日猫の日だし(笑)、そういう日があってもいいよね。今日の朝晩のお薬はメディボール祭りだぞ!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました